いきもので読む、日本の神話

平藤 喜久子/著

出版年月:

ページ数:160

ISBN:9784491037301

1,760

古事記、日本書紀、風土記のなかから、いきものが登場するエピソードだけを集めた初の書籍!
犬や鹿、ウサギなど、私たちもよく知る動物と、神様(や人間)のかかわりの物語は、
ストーリーが飲み込みやすく、神話にふれるきっかけにぴったりです。

■古代に生きた人々の発想に仰天
亡くなった主人を守り続ける犬など、現在のイメージと重なるものに終わらないのが神話の世界。恋した相手が蛇やサメだったという「異類婚」、白鳥が美少女に変身する「白鳥処女説話」、芋虫を祭りあげる悪徳商法など、斜め上の発想の物語も満載。

■知っているようで知らなかった有名神話
因幡のシロウサギはずる賢いけど詰めが甘いキャラクター、ヤマタノオロチは頭が8つあるだけでなく、尾も8つある、浦島太郎の乙姫様は亀だった……など、有名な話にも発見があります。

■すべてのエピソードが挿絵つき
どの話も味わい深い挿絵とともに読めるので、イメージが膨らみます。


■神話好きにも応える原文併記
本文内では、簡単に読めるあらすじを紹介していますが、もっと神話の世界に踏み込みたい方のために、エピソードの主要な部分を抜粋して原文を掲載しました。


最近チェックした商品