マラドーナ独白 -1986年のメキシコW杯-

ディエゴ アルマンド マラドーナ/著

出版年月:

ページ数:316

ISBN:9784491035444

1,980

「俺がイングランド相手にゴールを2本決めたことを、あれからどのアルゼンチン人も手にしたことのないW杯を高々と掲げたことを、誰も忘れないだろう。だから、改めてあの大会について話をしようと思う。これは俺の真実であり、俺の記憶だ!」


「みんな、後ろを、ピッチのほうを見たくなかったんだと思う。ゴールを無効にされるのが怖くて。俺のところに来たエル・チェチョは訊いてきた。『手でやったんだろう? 手でやったんだよな?』俺は答えた。『口をつぐめ。俺は喜びつづけるから』。俺はすぐに親父と義父がいる観客席に目を向けた。俺が拳を突き上げて見せると、親父たちも同じように応えてくれた。ゴールを取り消されるんじゃないかとずっと不安だったが、結局無効にはされなかった」

「あのプレーはエンリケのパスから始まった。そう、冗談じゃなく、エンリケのパスがベースだったんだ。もし50センチでもパスがずれていたら、どうなっていただろう? ああいう形でボールを受けられず、ああいう形で体を翻せずに、ベアズリーと哀れなリードをかわすことはできなかったかもしれない。あの一度の体の回転で、俺は二人を抜いた」

「俺はブッチャーの気配を右後ろに感じた。うなじに息がかかるような気さえした。バルダーノとブルチャガの姿も目にはいった。左にボールをパスしろと要求しているのがわかった。でも、やれるかっていうんだ! 自陣からここまでやっと持ってきたボールなのに……」

「のちに、フェンウィックのインタビュー記事を見せられたことがある。前半にもらったイエローカードという制約があったので、ファウルすべきかどうか、そうなれば退場だがそれでいいか、一瞬迷ったのだという。そして心を決めたとき、すでにボールはゴールに吸いこまれていた」

「そして俺たちは、また西ドイツを迎えた。そりゃあ、彼らのほうが経験に勝っていたさ。1982年のスペイン大会では決勝を戦い、今大会では、やはり決勝戦のことをよく知っているベッケンバウアーが監督を務めている。そして今彼らの前にいるのは、反逆児の集団だった」

「ほかの何とも比べられない、俺のサッカー人生で最高の瞬間だった」

「俺はボックス席に行き、カップを受け取った。いや、渡したのはアヴェランジェじゃない。俺がそこに到着したちょうどそのとき、通路でメキシコ大統領と行き会い、彼から渡された。誰にもらったかは重要じゃなく、もらったということが俺には大事だった。俺はトロフィーをわが子みたいに持った。最初は高く掲げ、そのあとこうして胸に抱いた。そう、わが子みたいに」

「俺たちは並はずれている。それは確かだ。そしてそれは性格と大きく関係している。メッシは俺よりはるかに穏やかに物事をとらえる。それは彼が頭の中で、スローモーションでさまざまな決断をするからだ。一方、俺は稲妻級だ。これは性格の問題だよ」

「今ならメッシは、W杯ロシア大会に行って、カップを掲げることができるだろう。彼に言ってやれるのは、個人でその準備をしろ、ということだけだ。俺がメキシコ大会の前にダルモンテ教授とやったように、自分でロシア大会のために準備をするんだ。」

……神の手、五人抜き、W杯優勝――
サッカー界の英雄が、伝説となったメキシコW杯で起こったすべてを語り尽くす。
そして、メッシとアルゼンチンの未来についても。
サッカーを愛するすべてに人に捧げる、決定的自伝!


最近チェックした商品