メスト・エジル自伝

メスト エジル/著

出版年月:

ページ数:324

ISBN:9784491035376

1,980

「代表チームに欠くことのできない存在。
いつもピッチに特別な瞬間をつくりだしてみせる!」
――ドイツ代表監督 ヨアヒム・レーブ

「あの美しいパスやトラップ、得点は忘れられない。
メストのような選手は監督がつくるものではない。あれは生まれつきだ」
――マンチェスター・ユナイテッド監督 ジョゼ・モウリーニョ


「僕はシャワーを浴びながら物思いにふけっていた。あんなふうに監督に叱責されたのははじめてだ。自分の意識を揺さぶられたのもはじめてだった。あれは何だったのだろう。偉大なモウリーニョはどうして僕に赤っ恥をかかせたのか。何を伝えようとしていたのだろう。
 その夜――二〇一二年九月三十日、午後九時ちょっと前、僕は今までしたこともない大きな問いを自分に向けて発するようになった。それから何週間も自問自答した。僕は何者で、どこへ行きたいのだろう。その質問に答えるため、僕は自分の人生を振りかえりはじめた……。」

貧しさと路地の中で彼のテクニックは、いかに磨かれたのか。
ドイツとトルコの間で彼の心は、どう育まれたのか。
夢にまで見たレアル・マドリードで、彼は何を想ったのか。
敬愛する師・ジョゼ・モウリーニョからの叱責から、何を学んだのか。
無二の友セルヒオ・ラモスとサミ・ケディラは、何を語ったのか。
W杯の激闘は、彼に何をもたらしたのか。
ドイツが誇る絶対的司令塔は、いかにして生まれたのか――。

ドイツ代表、シャルケ、ブレーメン、レアル・マドリード、W杯優勝、アーセナル…。
ドイツ最強の司令塔が語る、最高のフットボールライフ!
「代表チームに欠くことのできない存在。
いつもピッチに特別な瞬間をつくりだしてみせる!」
――ドイツ代表監督 ヨアヒム・レーブ

「あの美しいパスやトラップ、得点は忘れられない。
メストのような選手は監督がつくるものではない。あれは生まれつきだ」
――マンチェスター・ユナイテッド監督 ジョゼ・モウリーニョ

「僕はシャワーを浴びながら物思いにふけっていた。あんなふうに監督に叱責されたのははじめてだ。自分の意識を揺さぶられたのもはじめてだった。あれは何だったのだろう。偉大なモウリーニョはどうして僕に赤っ恥をかかせたのか。何を伝えようとしていたのだろう。
 その夜――二〇一二年九月三十日、午後九時ちょっと前、僕は今までしたこともない大きな問いを自分に向けて発するようになった。それから何週間も自問自答した。僕は何者で、どこへ行きたいのだろう。その質問に答えるため、僕は自分の人生を振りかえりはじめた……。」

貧しさと路地の中で彼のテクニックは、いかに磨かれたのか。
ドイツとトルコの間で彼の心は、どう育まれたのか。
夢にまで見たレアル・マドリードで、彼は何を想ったのか。
敬愛する師・ジョゼ・モウリーニョからの叱責から、何を学んだのか。
無二の友セルヒオ・ラモスとサミ・ケディラは、何を語ったのか。
W杯の激闘は、彼に何をもたらしたのか。
ドイツが誇る絶対的司令塔は、いかにして生まれたのか――。

ドイツ代表、シャルケ、ブレーメン、レアル・マドリード、W杯優勝、アーセナル…。
ドイツ最強の司令塔が語る、最高のフットボールライフ!

最近チェックした商品